2012年01月21日

脊髄梗塞そして1月15日(>_<)

花の調子が悪くなり病院で軽度の椎間板ヘルニアかもしれないと言われたけれど
CTなどの検査をしておらず診察してもらった病院には検査機器がなく
検査には別の検査施設へ行かなくてはならない
そちらで検査しても良いのですがヘルニアのようになった時にと
気になっていた別の病院へ行ってみた。ダッシュ(走り出すさま)

CT検査の結果、やはり軽度の椎間板ヘルニアと言われたけれど
担当の先生に見落としがあるといけないので
2日後院長先生の診断を聞きに来て下さいとの事

診断結果は 脊椎梗塞
 

確定診断はMRIを撮らないと分からないそうですが
撮らなくても大丈夫でしょうとの事ので
このまま1ヵ月後の再診まで経過を見ようと思います。


椎間板ヘルニアではないとの事でしたが
突起のように見えた物が何なのか?
聞き忘れてしまった。

脊髄梗塞は人間の脳梗塞が脊髄に起こった状態だそうで
ネットでは脊髄の血管に椎間板のような物質が詰まった状態と書いてありました。


花の症状は左後ろ肢の反応が弱い、震え の他に尿漏れ


年末に尿漏れが始まる前に頻尿になり別の病院で膀胱炎との診断
尿漏れは膀胱炎のせい?嬉ション?
先生は詳しい検査をしないと分からないとの事でしたが
頻尿がなくなって尿漏れもしばらくなくなっていたので
やはり膀胱炎のせいかと思っていたが...

年末から尿漏れがあったと院長先生には伝え忘れてしまったが
尿漏れは脊髄梗塞のせいだとの事でした。

治療は椎間板ヘルニアと同様 安静

室内では段差などなければ自由にして良いとの事でしたが
なるべくゲージなどに入れています。

安静にしていれば自然に治るとの事
ただ症状が出た場合は院長に連絡をすると
薬を送ってくれるとの事
そして...後遺症が残る場合があるとの事
それが心配です。

花は食欲もあり元気です犬(笑)

HI3D0748.jpg

具合が悪くなった頃はトイレの段差で左肢がカクっとなり弱い感じでしたが
今はこけそうな感じはない気がする
震えは、ご飯が欲しい時、寂しさから解放された時、寒い時なども
震えるし、なんだか分かりづらい顔(汗)
尿漏れは時々あるが、そういえば今日はない
このまま症状がなくなれば良いが...

花の治癒力、回復力に期待しようダッシュ(走り出すさま)



花の脊髄梗塞の診断を受け、
ちょっと遠い病院からホッとして帰宅後、すぐに(昼の12時)に
私の母が心停止、救急車が来ていると父から電話...
家から近い大学病院の救急救命センターへ

心臓は動きだしたが心停止から45分...
意識の回復もない...
同じような症状の方はだいたい1週間くらいには...
奇跡を願ったけれど次の日の午前3時29分
あっという間に逝ってしまいました。(T_T)

膠原病の難病と合併症、骨折の後の便秘と腹水など
長年の病気やその他色々と苦しんで来たので
安らかに逝けて楽になれて良かったのかな~と
思う私は親不孝かなあせあせ(飛び散る汗)

ただ何もしてあげられなかった私...
色々とやってあげられた事がたくさんあったのではないかと後悔...

どうかどうか天国で楽しく暮らせますように
来世というものがあるのなら
楽しい楽しい家族に恵まれて健康で楽しい人生でありますように


花の行動

日頃の花は声が大きく威圧的に感じるのか?
花が自分から父へ寄って行く事がありません
父の事は嫌いではないようなのですがあせあせ(飛び散る汗)

母が亡くなり実家で、空腹と疲れでよろよろになり
横になっている父の顔へ花がツンツンしに来ました。
普段は寄って行かず父から逃げたりしているのに
弱っている父を慰めに行ったのかな
花自信も元気いっぱいじゃないのに...花ちゃんありがとう


日記を書くのが早すぎたか?書こうと思ったら胸が苦しくなった顔(汗)


でもご飯も食べて私は元気です。ダッシュ(走り出すさま)






ニックネーム 花ママ at 23:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 病院と日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする